ノートブック

簿記は人気の資格

簿記の仕事

電卓

簿記とは、会社の大きさや業種に関係なくどこの企業でも必ずこの仕事があります。いくら自分の肉体を使う力仕事だから一見簿記は関係ないようにみえても、そこにはお金が発生するわけですから、そのお金の流れを記録、計算、集計する必要があります。その会計の仕事をする人は企業内に必ずいます。経営状態を把握するには、必ず簿記ことが分かる人が必要なのです。簿記には、単式簿記と複式簿記がありますが簿記検定では複式簿記になります。そして、全経や全商、日商と簿記試験を実施している団体も複数あります。就職や仕事で有利になるには日商簿記です。日商の簿記2級以上は必要になります。簿記2級を取得していれば、経営状態を把握することができます。

就職先

日商簿記を取得していると、この資格だけで独立開業するのは無理ですが企業内で活躍することができます。企業内であれば経理部や会計の仕事でもこの資格を活用することができます。また、営業の仕事でも簿記の資格を活用することができて、取引先の経営状態の把握や見積もりの確認、そしてコストの計算などをすることができます。さまざまな場面で活躍することができますのでとても人気のある資格です。取得をするなら1級から3級までありますが、仕事として使うのであれば簿記2級以上になります。最近では通信講座でも簿記2級と3級がセットになっているコースがあります。学生の就職のために履歴書の資格欄に何も書くものがないという方も、簿記を取得することで書けるようになります。